特別クルシージョ

A. 生徒の為に計画された集中クルシージョ:

  1. はじめてのフラメンコ
  2. 週末フラメンコ
  3. 振付
  4. セビジャーナス
  5. カンテ、ギター、パーカッション

B.学校が計画した集中クルシージョ

  1. セビージャのフェリア集中クルシージョ
  2. 夏の集中クルシージョ
  3. セビージャのビエナル・デ・フラメンコ集中クルシージョ
  4. マスタークラス

予約する

特別クルシージョを予約する場合はこちらから

A. 生徒の為に計画されたフラメンコ集中クルシージョ

このクルシージョは、個人または少人数のグループを対象としています。もし大人数のグループの場合は、こちらの情報を読まれることをお勧めします。生徒の興味とニーズが重要な個別のクラスです。それらは、生徒に必要な時間数に合わせ、生徒の知識に適応するよう計画されています。

このクルシージョの目的は生徒によって決まります。

バレエ。カンテ、ギター、パーカッション。フラメンコの理論も選択することができます。構成の理解、フラメンコ各曲のカンテ、コンパス、パルマ、セビジャーナス、テクニック、振付、カスタネット、小道具の扱い方(バタ・デ・コーラ、マントン、アバニコ(ペリコンと呼ばれる大きな扇)、帽子(コルドベス)等

このタイプのクルシージョを企画する理由は、通常生徒時代の不足によるものです。

生徒によっては、レギュラークラスの時間に来れない場合もあります。また時に、非常に具体的な学びが必要であったり、グループで学ぶ事が難しくより個別な指導が必要な場合もあります。通常、生徒は短期間私達の学校に通い、その期間を私達と一緒に最大限有効に活用します。

1.はじめてのフラメンコ

実践的なクルシージョ

これらフラメンコのクルシージョは、フラメンコの何らかの曲を例にタンゴやルンバのリズムから教え始めます。身体の位置、姿勢、基本的な腰の動かし方、ブラッソ(腕)とマノ(手)。学んだ全てを使い、最後に少し振付へと進化させる為、基本のサパテアード(足打ち)も指導します。通常1~2時間の間に、これらと出会うでしょう。非常に激しく、楽しいでしょう。

理論のクルシージョ-実践的

フラメンコへのより深いアプローチをあなたに与えるでしょう。フラメンコの文化を教え、より基本的なテクニックとコンパスから始めます。あなたは、フラメンコの一般的概念を持つことができるでしょう。

最初に、あなたはフラメンコの靴が何か発見します。どのように使うのか、存在する足打ちの種類、教師はあなたに直接デモンストレーションします。
後に、フラメンコで使われる小道具を知るでしょう。それをどのように構えるのか、それはどの種類の踊りで使われるのか。小道具:帽子(ソンブレロ・コルドベス)、ペイネタ、カスタニュエラ、アバニコ(ペリコン)、マントン、バタ・デ・コーラ、伝統的衣装、お花、イヤリング・ピアス…

次にコンパスの練習を展開して行きます。主にタンゴとルンバです。また特別な履物を履かずにサパテアードも作ります。音楽のリズムで、ブラッソ、手、腰を動かします。

そして最後に、小さな振付をします。あなたの最初のコンタクトを楽しく忘れられない経験にします。

もうご存知ですね、最高の教師の元でフラメンコを学ぶ、この機会をお見逃しなく。

全ての情報は生徒に共有され、細かな点まですべてに手を加え、観察できます。

2.週末フラメンコ

個人的約束や、仕事が忙しくて余暇の時間を持てない、私達の街までは遠い、その場合は、週末是非一緒に取り組みましょう。

フラメンコを学び訓練する為、金曜、土曜、日曜日を使用できます。さらに、街の観光やフラメンコ公演の情報をご案内できます。

個別で利用の場合は、一日最大2時間をお勧めします。もしグループの場合は1日3時間まで。それは、後にさらに取り組むことが出来るちょうどよい区切りでしょう。テクニック、振付、小道具の扱い、フラメンコの歴史理論、コンパス、パルマ、ギター、カンテ、パーカッションに取り組むことが出来ます。

cursos de flamenco intensivo

3. 振付

舞台や学校で踊る材料が必要であったり、単に楽しむ為であったり、このクルシージョはあなたの為のものです。

このフラメンコのクルシージョは、どんな生徒も、グループも対象としています。十分なレベルは必要ありません、あなたの知識に添って行います。

振付をするには2つの方法があります:フラメンコの曲種より曲を選ぶ方法、伝統的な形、ギター、カンテ直接演奏する方法

教師は、あなたの知識のレベルと必要性に応じ指導します。以下のものを生徒は受け取るでしょう。コンパスの説明、テクニック、各フラメンコの曲種の異なる構成。

あらゆる生徒を受け入れます。振付の材料を必要とする他の学校の先生。芸術の世界で仕事を始める為、振付を組み立てなければならない踊り手。ある公演の為完全な振付が必要なグループ。結婚式にパートナーを驚かせるための振付が欲しい花嫁。単に楽しみ完全な振付を学びたい生徒など…

4.セビジャーナス

私達の経験より、7時間で基本のパソ、ブラッソの動きに合わせたコントロールを学ぶでしょう。後に自身で練習できる良い基礎を取得するでしょう。完全な指導の為、対面式クラスにオンライン講座を共に学ぶことをお勧めします。

関連するセビジャーナスのオンライン講座を明記します。オンライン講座は、あなたの学びをサポートし役立つでしょう。

セビジャーナスは、フラメンコ風の民謡で、セギディージャから来ています。現在は、全てのフェリアやロメリアス(巡礼)、祝宴で多く人気があり、踊られています。ペアで踊る踊りで、4つのコプラ、4つのセビジャーナスで構成されており、それぞれをプリメラ(1番)、セグンダ(2番)、テルセラ(3番)、クアルタ(4番)と呼びます。

各セビジャーナは、固定された振付を持ち、3つの異なるパートに分かれています。全て始まりは、パセイージョ、最後はブエルタ(回転)、繰り返し、パッサーダ(各パートをつなげる役目をもち、ペアで交差します)も。コンパスは簡単です。4分の3拍子、3拍のうち1拍目でアクセントを打ち、曲は通常アンダルシア、個人、セビージャの人々への賞賛だったりします。様々なスタイルがあります。ロシエラス(巡礼)、フェリア、コラレア(アンダルシア民謡)、リトゥルギカス(祈祷)、ボレラス等。通常、パルマやカスタネットが演奏されます。

5. フラメンコカンテ、ギター、パーカッション

個人の必要に合わせたカンテ、ギター、パーカッションの集中クルシージョを提供します。
カンテに関して、フラメンコの全てのスタイル、曲種を学べます:ブレリア、タンゴス、アレグリアス…好みの曲、コンパス、トーン

フラメンコのギターを弾いてみませんか。練習、ファルセータ、コード、ソロ、歌や踊りの伴奏。教師は、楽器を上手に扱う為の適切な姿勢を示し、正しい練習の為のガイドラインを示します。

フラメンコカホンは、フラメンコ音楽の革新的な手段となってきました。テクニックを学び、楽しみます。
これらのクラスでは、身体、手、指の位置や構えを学びます。

継続的な練習をすることで学ぶでしょう

生徒は、クルシージョの所要時間、スケジュール、科目、知識のレベルを選択します。教師は知識を提供し、より良い学習と実践の為の練習をアドバイスします。一日に最大2時間までを推奨します。

B.学校が計画した集中クルシージョ

これらのクルシージョは特別な日程で計画されています。このタイプのクルシージョが計画されている場合は、ホームページ、メニューより対面授業のページに直接掲載されます。これらすべてのクルシージョ、どのように計画されるか説明します。

1.フェリア・デ・アブリル・デ・セビージャ

セビージャのフェリアは、全てのセビージャ市民にとって、とても特別なお祭りです。世界各国から訪れ、祭りの雰囲気が良く知られています、カセータ(小屋)、馬車、代表的な飲み物“レブヒート”(マンサニージャワインにライムレモンの炭酸飲料を混ぜたもの)、地獄の道(娯楽施設、福引き)、そして何といってもセビジャーナスの踊りです。

セビジャーナスは、セビージャ代表的な歌とアンダルシアの踊りです。アンダルシアの他の県のフェリアでも歌い踊られています。セビージャのフェリア・デ・アブリルは特別です。

それは、アンダルシア民間伝承(民謡・伝説等)の一部です。

現在、スペインそして海外で最も踊られる地方舞踊です。セビジャーナスは4つのセビジャーナ、コプラ(短詩)に分かれ、通常ペアで踊られます。

私達は通常、セビジャーナス入門の主うちゅクルシージョを計画します。また既に踊りを知る生徒向けに、仕上げや思い出す為のクラスもあります。これらのクルシージョは、通常週末に開催されます。なお、通年コースの中にもセビジャーナスのグループクラスもあります。

フェリア・デ・アブリルでみられる、ファロリージョ(祭りのちょうちん)を学校に飾ります。これらクルシージョの最後には、学校の生徒が歌に、踊りに、共に楽しむ為に、プライベートパーティーを催します。

2.夏のフラメンコ

7、8月フラメンコのクルシージョを行います。
生徒達の予定が様々になる夏休み、いくつかのオプションを設けています:

  • 一週間のクルシージョ
  • 2週間のクルシージョ
  • 一か月のクルシージョ

夏、通常学生は短期間で訪れます。

私達は、生徒の皆さんに時間という点で、幅広い選択肢を提供しようと考えています。そのため、夏に参加する学校の正規学生の参加が年々増えています。従って、グループのクラスを設けやすくなっています。さらに、夏により時間を取ることが出来、新しいアクティビティを始める事を決めた生徒で、新たに入門グループができたりしています。

休暇にフラメンコを楽しむことを決めた外国の生徒が増えており、滞在中に私達の集中クルシージョを計画しています。
年間授業とは異なり、生徒によって多くの多様性をもち、学校を共にすることは、とても満足感を与えるでしょう。
1ヵ月の夏のクルシージョで最も注目されるのは、フラメンコのテクニック、ブレリア、ルンバ(即興で踊る)です。そして1週間のクルシージョでは、通常テクニックと様々な振付が注目されます。

セビージャの夏は通常高温なります。

私達の学校では、これらの温度を緩和するのに適した換気システムが整備されています。もちろんエアコンがついています。外にいるよりも私達のスタジオの中のほうが良いでしょう。夏にフラメンコを踊りましょう、暑さは関係なし。

3.ビエナル・デ・フラメンコ・セビージャ

ビエナルはフラメンコの世界の偉大な国際イベントです。2年ごと、世界中の業界の専門家が集います。市内の主な舞台は、このフェスティバルに捧げられます。その数週間に、沢山の初演がなされ、第一線の芸術、若い価値観の出現を観る事ができるでしょう。

ビエナルは、1980年から始まり、30年以上にわたり19回開催されています。その間、全ての種類の提案と芸術的な動きをプログラムしました。ビエナルは、フラメンコアートに生存する、全ての美学、色彩、展望を表しています。

最も伝統的なフラメンコと、より実験的で、大胆で、アバンギャルドなフラメンコと調和し、共存する素晴らしい文化のコンテナです。

ラ・ビエナル・デ・セビージャを知りたければ、ビエナルホームページで見る事ができます。

ビエナル期間中、私達の学校では、新しい生徒を受け入れる準備をしています。

フェスティバルの為に、世界中からやってきます。フラメンコを愛する生徒、愛好家、プロフェッショナル… 1週間、週末、アーティストと共に、願う特別なマテリアルで、幅広い種類のクルシージョを提供することにより、皆さんの可能性を広げます。
私達の学校は、生徒からの提案を広く受け止め、それらを実行しようとします。私達の学校が行う指導とフラメンコへの愛は、あなたの学びを保証します。

4.フラメンコのマスタークラス

マスタークラス、指導者クラスは、プロフェッショナル、フラメンコの分野の専門家を対象としたクラスとして定義されます。

フラメンコ、芸術の世界、さらに特別な内容を扱い、教師のスタイルにより焦点があたります。すべての踊り手、ギタリスト、カンタオールは、各々のテクニック、舞台上での経験、秘訣、自身のペジスコ、空気、つまり彼らの一部を伝えます。

フラメンコのクルシージョは、パソを学べますが、短期間のクルシージョのため、マエストロのスタイルやテクニックを観察することにより、多くのことを吸収できるでしょう。

ファルキート(エストゥディオ・フラメンコ・セビージャにて)

ラ・モネタ(エストゥディオ・フラメンコ・セビージャにて)

私達の学校では、以下アーティストのクルシージョが行われました:

アントニオ・カナレス、ファルキート、ベレン・マジャ、パストーラ・ガルバン、メルセデス・ルイス、エル・グリロ、ハビエル・バロン、ラ・モネタ、ソラジャ・クラビホ、フランシス・ヌニェス、ホセ・ルイス・ロドリゲス(ギタリスト)、ロシオ・アルカイデ、カルメン・レデスマ、ラウラ・サンタマリア、ホセ・ルイス・メディナ、フアナ・マルケス、ローラ・カノ、そして私達のディレクター エステル・ヴェレス
このタイプのクルシージョの期間は様々です。1日1時間だけのクラスや、週末のクルシージョ、1週間のクルシージョ、1ヵ月全てのクルシージョなど。

メルセデス・ルイス(エストゥディオ・フラメンコ・セビージャにて)

アントニオ・カナレス(エストゥディオ・フラメンコ・セビージャにて)

最後に受講料は、経験や報酬に応じて、通常その専門家によって指示されます。

Estudio Flamenco usa cookies. Puede consultar nuestra política de cookies desde aquí

ACEPTAR
Aviso de cookies